IMG_4995aa

肉の日!
毎月29日は肉の日、焼肉屋さんやステーキ屋さんなどの肉メインのお店では
イベントがあったりで盛り上がる日のようですね。
 
お店でステーキもたまらない贅沢だけど、たまにはおうちステーキもいいものです。
うちの娘たちは、完璧な肉好き女子。
「何食べたい?」
「肉!」
これが定番の会話です。

肉の日に限らず、夕飯がステーキってこともしばしば。
もちろん、高級なお肉ではありませんよー。
特売品のステーキ肉でも、スキレットさえあれば本当においしく焼けるのです。

肉を焼くときは、スキレット以外は考えられない。
ステーキのパートナーは、なんといってもスキレットです。
スキレット教室の折に、いつも声を大にして伝えている「予熱」
これさえ忘れなければ大丈夫。

レシピは、COOKPADプロのレシピでご覧くださいませ▽
スキレットステーキ


3a

下準備や、ちょっとした焼き方のコツなども紹介していますので
参考にしていただければ嬉しいです~。

明後日の肉の日は、ぜひおうちステーキを楽しんでみてくださいね*^^*


IMG_5004aa

付け合わせには、にんじんグラッセ と クミンガーリックポテト

スキレットのまま食卓へ。
音も匂いも、おいしさのうち。

日本のレストランで食べるステーキは、
何かとソースがかかっているものが多い気がします。
シェフ特製のソースは、お肉を更においしくしてくれるもの。
でもおいしいソースを作るのは、実は意外と難しいもの。
おうちステーキは、塩こしょうだけで仕上げるのが一番手軽です。

スキレットで焼き上げるスキレットのおいしさは、簡単も条件のひとつ。
塩と肉はとても相性がよく、
肉汁を外に逃がさないことにも一役買ってくれるのが塩。
塩をするタイミングさえ知っておけば、最高においしいステーキできますよー。

もちろん大前提は、スキレットで焼くことですが(*^^)v

あ~!スキレットのこと、もっともっと熱く語りたいな*笑
あ・・あと、プリンのことも*知る人ぞ知るプリンネタ笑


▽ぽちっとしていただけると励みになります▽
   

▽LINEで更新のお知らせが届きます▽


191×270   15a6bc97