burger550x


おはようございます*
心地よい疲れを残しながら迎えた週末の朝。

ここ2ヶ月の間、私の頭の中のほとんどを占めていたのはBURGERのことでした。

ひと月前に出版した肉本の校正を続けていた頃、
校正のやり取りをしていた編集長とのラインで突然、
「バーガー本をつくりたくなりました、条件厳しいけどやりますか?」
「やります!夢だし私の!」
たったこれだけのライン会話で始まった企画。

降って湧いたような、
まるで気まぐれのような始まり方でしたが、
編集長からのリクエストは、本当に厳しかった。。。

そのありえない厳しさについては、追々書いていきたいと思います。

今の私はバーガーでできてます、と言えるくらい
朝目が覚めると、まずバンズを焼き、
パテをこね、
焼いて挟んで食す。
そんな毎日。

企画スタートから2ヶ月弱が過ぎた一昨日、撮影日を迎えました。

トップの写真は、昨日撮っていただいたもの。
撮ってくださったフェリカスピコ佐藤朗さんが
「今日イチの名作」と言い切った1枚です。
佐藤さんの写真は、いつだってどれだってとても素敵で
私には、どれが一番など選べるわけもありませんが、
確かに、この写真は本当にすばらしい*

スタイリングは、もうお馴染みの小坂桂さん。
何も言わなくても私のイメージを形にしてくれる桂ちゃんですが、
今回は、私の夢の夢のそのまた夢でもある本なので、
ここでこれを使ってほしいの・・などのリクエストも
これまで以上にさせてもらってます。
トップ写真でも、そんな私のわがままリクエストを
さらに膨らませて、スタイリングに反映してくれました。
そういう人なんです・・桂ちゃん*

料理のサポート、アシストには
自身もレシピ本を出版している料理家のこんどうしょうた
この2年間、常に並んで料理をしている彼のサポートで作る本は
これで3冊目となります。
手の空いている時には、みんなのまかないデザートを作ってくれたり
私が撮影用に書いた誤字脱字満載のレシピを校正してくれたり
撮影終わりのキッチンを、朝よりきれいにしてくれたり....
最後に包丁だって研いでくれてる(ちゃんと気づいてたよ)

さらには、切れている電球を買いに行って取り替えてくれたり
届いたばかりの浄水器を、ささっと取り替えてくれたり、
仕事とは無関係の我が家の雑用までしてくれる、もう完璧に息子状態!
とにかく感謝!ありがたい*

撮影は前半が終わったところ。
また来週に予定されている後半の撮影も、皆さんにお世話になります。

7月にイカロス出版より発売予定の【BURGER本】をよろしくお願いいたします。


いつも応援してくださる皆さま*ありがとうございます▽    
      

*発売ホヤホヤ*
meat_cover_h1_obi300
300×200

banner  191×270  15a6bc97