IMG_4381a


梅雨に入った頃から始まった今回のリノベーション企画、
本日、ついに完工しました。
 
タワーマンションの消防法など、
規制が多くある中、何度も何度も打ち合わせを繰り返し、
あ〜でもない、こーでもないと要望を伝え
ようやく本日、今の自分にできる最高のキッチンが出来上がりました。

商品調達の山善さん、施工のインテックさんには、
本当に本当にお世話になりました。
わがままをたくさん聞いてくださったおかげで、
幸せいっぱいで、今日の日を迎えられました。
ありがとうございました*


IMG_3669a

すでに懐かしいキッチン。
狭くて暗い孤立キッチンでしたが、
このキッチンで撮影し、世に出した料理本は5冊。
私自身の出版物の半数です。
それだけでも400個近い料理を作っては撮影してもらったんだな〜と
あれよあれよという間に壊されていくのを眺めながら、
しみじみと感謝を念を送りました。


IMG_3677a


キッチンと部屋を仕切っていた壁の取り壊し作業。
本当に壊してもいいものなのだろうか・・・と、
こんな現場を目の当たりにしたことのない私は、実は不安でいっぱいでしたー。


IMG_3709a


壁の中には角スタッドが何本も、まるで檻のように。

これを一本ずつ切り取る作業。
大きな音に弱い私は、さすがに現場にいることができず、
寝室にこもりましたw


IMG_3717a


あれ?静かになった??
と、リビングに戻ってみると、きれいになくなってる!

そして一つ上の写真での、白い壁紙の柱(窓の間)
ここには壁掛けテレビにするためにコンパネを打ってもらいました。

床から近いところにあったコンセントとアンテナの差込も
上の方に移動。


IMG_3727a


キッチンも壁も跡形なく、きれいさっぱり。
床板のない部分の排水管だけが、かつてここにキッチンがあったんだよ〜と
主張している感じ。

ここまで仕上げるのに、毎日通ってきてくださった大工さんは
音のことや埃のことなど、とても気を使ってくださった。

電気配線工事のお兄さんは、めちゃめちゃ仕事が美しくて見ていて楽しかった。


IMG_3828a


いよいよキッチン搬入の日、私はセブン&アイさんのお仕事で外出。
帰宅した時には、ここまでできていました。

さすがにIKEAやニトリの自分で組み立てられる家具とは訳が違うw
手際良く、1日でリクシルリシェル siセラミックトップ完成!

この日は6人?7人だったかな?
屈強な男性たちが来てくれていて、これだけの人数を手配できるのは
この日1日だけなので、全部仕上げるよ〜ということらしい。

セラミックの天板だけでも100kgあるので、
本当に大変だったかと思います。


IMG_4430a


キッチン背面のカウンター上の壁面には、
システムキッチンと同じリクシルのカタログから
ガラスのタイルを選びました。

カウンターがグレーで、キャビネットがモカという
ちょっと地味な色合いにしていたので
ここだけは差し色に、ちょっと変わったものを使いたくて。
カタログ上で見ただけで、一目惚れ。

このタイルを貼ってくださっている職人さんは
TV番組「大改造‼︎劇的ビフォーアフター」に出られていた方!
背中で・・しかも半分しか写っていませんがw

とても楽しみにしていた工程だったので
作業中も質問攻めしましたが、面倒くさがらずに対応してくださった。
そして、このタイルを選んだことを褒めてくださって!
嬉しかったな〜〜。


IMG_3920a


クロス張りと、エアコン取り替え。

クロス張りって一人でできるんだ!?
広い天井に、まるで魔法のようにピタ〜〜っと張られるクロス。
面白かった〜。

クロス屋さんは、スキレットに興味を持ってくださって、
ここでは私が質問攻めに・・www
これもまた嬉しかった〜。

エアコンは、うるるとさららに。
とっても快適に動いてます。


IMG_4431a


今回は床の張り替えは見送りに。
ハナが、長い工事期間に耐えられないかな・・と感じ、
施工業者さんと相談して、数年後に張り替える想定で
なんとか現状維持できるようにしてもらいました。

壁のあった部分の床の補正に専門家さんがやってきた!
これはアートとしか言えない。

今後、我が家にいらしてくださる方、
この床の補修部分を見てくださいねー。すごいよ。アートだよ。

この後に、床のワックス屋さんによるワックスかけ(写真なし)
気になっていたくすんだ床が、ピッカピカになりました。


IMG_4352a


最後に、ビックカメラさんに依頼したテレビ取り付け。
この日は夫に任せて、私は美容室でまったり〜w
帰宅したら、私が指定した高さに、きっちり取り付けてくれていました。


IMG_4375a

そして本日、最終調整。

人間踏み台で作業するさとしくんと、
それを撮るダンサーさん(踊らないけど)
踏み台役の方は、来るたびに窓からの眺めに感動し
こんな家に住めるように頑張ります!って。
いやいや〜、もっと高い目標を持ちなさい!w
でも、ありがとう*

工事が始まるまでは、1ヶ月もの間、
ハナと私はここで耐えることができるのだろうか・・とちょっと心配で、
そしてそんな私以上に、家族や業者さんたちが心配してくれていたのですが
始まってみたら、工事現場をウロウロすることが楽しく、
各職人さんたちも、嫌がらずに受け入れてくださったので
1日があっという間に終わりました。

インテックの担当者さんお二人は、毎日のように通ってくださり
なんだか明日から会えないことが、少し寂しいくらい。

思いきって決めたリノベーション。
やってよかった!本当にそう思います。

出来上がりに満足しているだけでなく、
工事中に出会った、様々な業種の方々の
プロの仕事を目の当たりにできたことが
素晴らしい経験になりました。

また近い将来、バスルームとトイレもお願いしますね〜と言ったら、
間髪入れずに「えっ・・・・」と絶句したA部長さん。

そんなに面倒な客だったかな〜〜〜w

本当にお世話になりありがとうございました。

おかげさまで、
愛犬のそばで仕事ができるキッチンアトリエが完成しました。


いつも応援してくださる皆さま*ありがとうございます