IMG_5080a


「糖質オフ」について、これまであまり積極的に発信をしてきませんでした。

二人の娘は、一緒に暮らしていた頃もですが
長女は結婚、次女は一人暮らしをする中で、
やはり糖質オフについては、かなり気をつかっているようです。
最近では夫までもが、単身赴任食生活において
ご飯を減らす食生活を考えているようで・・・。
考えていないのはママだけ???・・笑

なんてぼんやり思っていた昨年末に
以前お世話になったライターさんから、素敵な贈り物が届きました。

「気づかう土鍋」という名の糖質カットできる土鍋が、それ。

糖質オフに全く興味のない私は最初、さて!困ったな〜
と感じたのが正直なところ。

ところが使ってみてびっくり!
ごはんがとてもおいしく炊けるのです。


IMG_5081a


これまでも炊飯器を使うことがまれで、
いつもスキレットを使ったコンロトップでの炊飯をしているので
気づかう土鍋での炊飯は、全く違和感もなく、
いつもの要領でお米の準備を。

ただひとつ違うのは、土鍋本体と蓋の間にシリコンの中蓋をはさむこと。

普通に鍋で炊飯する場合、
強火にかけ吹きこぼれそうになったら火を弱めて
吹きこぼれを防止するのですが、
気づかう土鍋使用の時は、火を弱めない。
吹きこぼれるはずの水を中蓋が受け止めてくれるんです。

この吹きこぼれ水の中に、お米の糖質がたっぷり含まれているんですって!

糖質カット炊飯の仕組み、詳細は下記リンク先でご確認くださいね。
https://www.amepla.jp/c/cookvery/553 


IMG_5082a


10分ほど、やや強火のまま炊飯を続け、
吹いてこなくなった頃を見計らって、弱火にし数分炊き上げ
あとは普通の炊飯同様に、十数分蒸らすだけ。

炊き上がったご飯には、おいしい印の蟹穴も見られ、
またお米も立っていました。


IMG_5238a


肝心なのは見た目じゃなく味。
糖質をカットしたごはんが本当においしいのだろうか??と
半ば疑いながらいただいてみましたが、
これが、本当においしいのです。

たまたま家に、コシヒカリと秋田こまち の2種類のお米があったので
両方で試してみましたが、どちらもおいしい。
糖質が17%カットされているなんて微塵も感じられませんでした。

加熱時間を伸ばすか、弱火にするタイミングを遅らせれば
いい感じのおこげも出来上がります。

お米3合まで炊けますが、私は2合炊きをおすすめします。
余ったごはんは、この土鍋ごとレンチンできるのも便利。


IMG_5250a


せっかく糖質オフのごはんが炊けたので、
久しぶりにカレーを作りました。

豚ヒレ肉、大根、玉ねぎ、にんじん、えのき茸のカレー。

私はじゃがいもの代わりに大根でカレーを作るのが好き。
じゃがいもは大好きなんだけど、
どういうわけか、カレーの中のじゃがいもは苦手なんです。

じゅわ〜〜と、しみしみに煮えたカレーの中の大根がおいしすぎ!
大根は大きめに切るのがコツです。
おためしくださーーい。

さて!気づかう土鍋ですが、
中蓋を使用しなければ、糖質カットしない普通の炊飯もできるんですって。
でもせっかくなので、糖質カットで使い続けようと思います。

とても素敵なものを頂いたので、色々に使ってみます。
おいしい釜飯、研究しよ〜

このブログを読んでご購入を考えてくださる方へ、
糖質カットは、やりすぎると問題もあるかと思います。
ご自身の身体、食生活に合わせて使ってみてくださいね〜


いつも応援してくださる皆さま*ありがとうございます