IMG_0208a


着るものがありません!
・・・って、いきなりフォント最大で告白されても・・・ですねLOL

冬物の厚いコートを脱いでしまうと・・たちまち困る春の装い。
イベントやら打ち合わせやらパーティーやら・・・
出かけることはいっぱいあるのに、そのたびに頭を悩ませる。
洋服十分すぎるくらい持っているはずなのに、着るものがないって摩訶不思議。
そして、それは決まってこの季節に起こりうる。

若い時のように、服を買いに行くという作業がそれほど楽しくない・・
おばちゃんになった証拠だ!・・・娘より。
ん~~、悔しいけど、確かにね(*_*;

試着してみてもね・・・似合わないの。全てが。
美容院に行ってもね、鏡の中の自分を見るのがかなり嫌。
なんだか急に老け込んだと感じる今日この頃・・
なんとかしなきゃ! ←気持ちだけはいつもいっぱい(*^^)v
まあ、いっか~。 ←これがいけない・・・


IMG_0219aa

 
さあさあ、レシピです!

最近は『焦がし~(なんちゃら)』が流行っているみたいですね。
私の『焦がし~(なんちゃら)』は、焦がしねぎ・・しかないなー。

焦がし葱塩だれ たこのカルパッチョ風 
焦がし葱のガーリックオイスターライス  
焦がし葱の和風オムレツ

今日はもう一品、焦がし葱のシンプルレシピです(^^)v
うちでは、かなりのヘビロテ料理で、冷ごはんがたまるとこれ!みたいな。

 


レシピはスキレット仕様で書いています。
スキレットは取っ手まですべて鉄製。
炒飯を作る時って、ついついフライパンを振りたくなりますが、
間違えて取っ手を素手で握らないよう、気をつけてくださいね。 

『焦がし手のひら』 になっちゃう・・・コテッ凹○

気をつけてさえいれば大丈夫!だから気をつけてくださいねー。

スキレットで作るいいところは、焦げすぎない!
真っ黒にただ焦げるのではなく、きちんと均一に火が通ります。

レシピにも書いていますが、スキレット調理の鉄則は
強火にかけて煙が出るまで熱した後、弱火にして煙が少し落ち着いたら調理を始めること。
あとは弱火のままでもおいしく熱が通るのですよ~。
スキレットの鍋肌に食材がこびりついちゃう・・・っていうのは、ほぼ調理前の温め不足が原因です。
テフロン加工のフライパンと同じような調理法では、スキレットも宝の持ち腐れ。
そもそも、テフロン加工は空焼きはできません。そこからして違います~。

そんなこんなも、『ロッジ発 スキレット絶品レシピ』 に詳しく書いていますので
よかったらお手に取ってご覧になってくださいませ~(●^o^●)

宣伝終了~(*^^)v


▽もしよろしければぽちっとしていただけると励みになります▽
   

▽LINEで更新のお知らせが届きます▽


↓↓↓ 続きは、もう一つ宣伝・・いえ、嬉しご報告です ↓↓↓

 
IMG_0151a

3月30日発売の『クックパッドの料理がみちがえる神ワザ』
コラムでご紹介いただいています。

クックパッドさん、いつもありがとうございます(*^▽^*)



     ▽*応援クリックが励みになります*▽
   

▽LINEで更新のお知らせが届きます▽


191×270   15a6bc97
 新刊『ロッジ発 スキレット絶品レシピ』イカロス出版 2016年2月20発売
近刊『シカゴ発 絶品こんがりレシピ』イカロス出版 2015年10月16日発売