IMG_0454aa


今年も夫の実家から大きな筍が届きました♪

筍が届くと、それはもう時間との勝負!
早急に下ごしらえだけしてしまいたいので
何はともあれ、大きなお鍋を出し、 
たけのこの皮をむいて茹で始めます。

たけのこの下ごしらえ

ぬかがなくても大丈夫。
リンク先の私のブログエントリーには、「米のとぎ汁」となっていますが
茹でるときに、一握りのお米を一緒に茹でるだけでも大丈夫です。
これは、私の母の下ごしらえの仕方で、
子供の頃から、母がそうしているのを見てきたので、私もその手法。

今は、スーパーでも筍の横に、小袋の糠が売られていたりするので
簡単に糠でゆでることができますが、もし手に入らないときはお米をお試しくださいねー。


IMG_0466aa

 
さてさて~。
今年のたけのこですが、まずはやっぱり!土佐煮風。
焼き筍も魅力的ですが、筍の季節になるとついつい居酒屋さんで、
焼き筍をオーダーしてしまうので・・
それは居酒屋さんにおまかせするとしてw
家では、お惣菜にもおつまみにもなり、冷蔵庫で数日保存できる出汁煮たけのこをたっぷりと。

先日、いつもお世話になっているヤマキさんから「基本のだし」パックをいただいたので
こちらを使って煮てみました。

たけのこ(下茹で済み)・・・700g
ヤマキ「基本のだし」かつをと昆布の合せだし・・・3パック
水・・・800ml
酒・・・大さじ2
塩・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
ヤマキかつお節・・・適量

①鍋に水とだしパックを入れて火にかけ、沸騰したら3分煮出す。
 火を止め、だしパックを取り出す。
②酒、塩、しょうゆと、食べやすい大きさに切った筍を①に入れ、
 落しぶたとふたをして5~10分煮る。
③火を止め、そのままゆっくりと冷ます。
 召し上がるときに温め、器に盛りつけてからかつお節をあしらう。

※一度冷ますことで、筍にしっかり味が入ります。
※火を止めてすぐに、かつお節を鍋に加えてもOKです。お好みで。



IMG_0458aa

 
夜になると、まだちょっと肌寒い・・・
筍にお燗酒があれば、いうことなしの春の宵ですね~(#^.^#)

過去のたけのこレシピもどうぞ♪
 

 
12998397_1138843379501096_4813987963529929792_o

 

明日、4月22日(金)
予定通り、スキレット本の出版記念イベント第2回を開催いたします。
お申し込みをいただいている皆さま、
青山の会場でお会いできるのを楽しみにしております。

上の写真は、1回めにご参加くださったダイニングプランナーの梅津さん撮影。
 

     ▽*応援クリックが励みになります*▽
   

▽LINEで更新のお知らせが届きます▽


191×270   15a6bc97
 新刊『ロッジ発 スキレット絶品レシピ』イカロス出版 2016年2月20発売
近刊『シカゴ発 絶品こんがりレシピ』イカロス出版 2015年10月16日発売